久々に、クルマ以外の写真をアップしてみました。

dogsラジオであまり話題にしてないけど、俺はかなりの犬好きです。

飼い主さんいわく『あまり他人に寄っていかないんです』というワンちゃんも、けっこう寄ってきたりする(笑)。

子供のころから実家で飼ってたのは、いわゆる和犬風の雑種。
最近は“ミックス”なんて言ってるけど、ミックスというのは2種のかけ合わせとか、その親がハーフくらいの感じでしょ?
うちのはそんなオシャレな表現は全く当てはまらないよ。混ざりまくりの完全なる雑種(笑)。
犬は血筋を重んじられる動物だけど、そんなのはどうでもいいこと。自分の犬が、世界一カワイイのです。

写真は、最近手懐けたワンちゃんたちです。どいつも超~かわいかったよ。

自分が警戒心を解いて接することで仲良くなれる・・これは相手が人でも動物でも、まったく同じなんだろうね。

犬種に関係なく、ワンちゃんたちはみんなホントにラブリー^^。癒されますなぁ・・・。

マイナー車万歳!ということで、俺がかつて乗っていたヘンなセダンの画像いきます。

catera

テールランプが怪しく一文字に繋がっているこのセダンは何でしょう?(このガーニッシュもちろん点灯します)
ほとんどオメガですが・・・オメガじゃない。ガーニッシュにはCADILLACの文字が入っています。

そう、これはオペル・オメガをベースとしてCADILLACで販売されていた”CATERA”というマイナー車です。

とは言うものの、実際はディーラー車のオメガから造りました。
当時CATERAはアメリカでも高かったので、こっちで安いオメガのセダンを買って・・バンパーやら何やら取っ替えちゃえば安上がりだろうと。。
しかし・・大きな間違えでした。

バンパーは外側だけじゃ加工もクソもなく、インナーごと交換。トランクフードなんてプレスが全然違うので交換。内装張替えて、果てはステアリングやエアバッグも交換・・・と、蟻地獄にハマる結果に。
しかも、本国でもキャデだけは部品がゲロゲロ高い!
勿論、全てアメリカから取り寄せたワケで・・クルマごと輸入したほうが遥かに安かったであろう、トホホな結末となりました。

みなさん、クルマはよく考えて買いましょう(泣)。

本日は僕ナイクの落書き画像です。

sakuhin-flames

最近描いたものと10年以上経ったものが混ざってます。細かいところは見ないで下さい。こういうのは“雰囲気モノ”ですので(笑)

しかしこの世界は奥が深いね~~~。プロの技を見ると、本当に簡単に描いているように見えるんだけど、自分でやるとガクゼンとするほど難しい(泣)。カッコイイ文字が描けないどころか、一定の太さで線を引くことすらできないのです・・・。
まあ、やっているうちに何とかかんとか自分のヘルメットくらいのモノには責任持って描けるようにはなったんだけど・・そうなったらそうなったで、昨日描いたラインが今日見るとカッコ悪い、みたいになって・・まさにキリが無いのです。。。

やっぱり、何事も、プロはスゴイってこと。

しかし自分で挑戦してこそ、その仕事の価値が分かる。

何事も実践。これが僕のモットーです。

デモカーのエンジン製作は佳境に入っていますが、まとまった時間が取れないため、ちょっと休憩。

というワケで、またまた古い画像いきます。
sunny-110-gx5当時、僕ナイク18歳、記念すべき初の愛車です。
スポイラーが曲がってるね(笑)この後いろいろやって無理やり付けたことを、昨日のことのように思い出します。

今では旧車として高値で取引されている110サニー(しかもGX5!)だけど、当時は金が無くても買えるGTの代表選手。買った値段は5万円(安!)。まさにGX5万円(ファイブ万円)ってヤツだね。

フードにはなぜかBRE DATSUNのペイント。。これは、洋書でアメリカのBRE510を見てシビレまくり、110でパロって造っちゃえ!みたいなノリでとりあえずフードだけ塗ってしまったもの(笑)。
結局全然違うコンセプトでオールペンしちゃったんだけどね。

でもやっぱり初めて手に入れたクルマって、思い入れがあるもんだね。写真だけ見てても、ホントにいろんなこと思い出すよ。

できることなら、また同じ年式の同じモデルを手に入れてみたい今日この頃です・・・。

超~~~~~久しぶりに、ボディの画像アップします。

ca3a0445昨日番組終了後、白河のART GARAGEさんに行ってきました。

現段階での『本体』の最新画像です(笑)。

一見進んでないように見えますが・・実は着々と進行しているのです^^。
下回りのドロ&泥&オイル&油の除去はほぼ終了、ココまでが一番キツイ作業だったのは間違いありません。(代表の後藤さんはじめ
手伝っていただいている皆様、本当にお疲れ様です。)

この先、見た目にも変化が現れるようになる予定なので、是非ご期待下さい!

追伸:このあたりでクルマ本体の画像を載せておかないと“デモカー製作”ということが忘れられてしまう危険があるからね(笑)。
俺のガレージで組んでいるエンジンは、あと丸々1日くらいの時間があれば完成する予定です^^。

早くも、ピストン組み込み完了でやんす。

gmc-piston-set-up写真では分かり辛いけど、シリンダーにはしっかりとクロスハッチが入ってまっせ!!フリーズプラグも全て新品に交換、気になる箇所は全部やらないとね^^(そうそう簡単にエンジン開けるワケにもいかないので・・。)
やっぱ、古いエンジンに新品パーツを組み付けるのは気持ちいいよ~~!!

ちなみにミッションの後ろに鎮座しているV-TWINは・・フレームからチョッパーを造る計画が出来た時にでも引っ張り出す予定(完全に予定は未定。。)。

頭の中でのプロジェクトは無限にあるんだけどねぇ・・・。

懸案の部品が到着、いよいよ待ちに待ったエンジンの組み立てを開始しました!

gmc-rear-main-seal指で示した部分に入るオイルシール(リア・メインシールと呼ばれるもの)、これが手に入り、やっとクランクが組める段階にたどり着きました。
(女子ドン引きの写真でスイマセン・・。)

いや~~ココまでが長かった~~。
逆に、ココから先は楽しい作業の連続になります。
でも、塗装などに代表されるように『下地9割・仕上げ1割』の世界ってヤツで、楽しい作業は多分すぐに終わる予定(笑)。

組み上がり、近しです^^。

デモカー製作はまさに牛歩、しかし着実に進んでいます。

と言っても絵になるような画像が撮れる状況でもないので・・またまたかつての愛車シリーズいきます。(小さい画像でスイマセン)

bmw-525-touring2003年式、この型の最終モデルです。色は『カラハリ・ベージュ』というレアカラー。北米市場ではすごく人気のある色で、俺はこの手の色には目がないのです。色で買ってしまった、と言ってもいいくらい(笑)。

乗っても、このくらいの年式のBMWはものすごく“硬質感”があって素晴らしかったよ。

しかしながら・・コレ系の色は・・売る時、非常~~に厳しい思いをさせられまして(笑)。

でも、いいんです。売る時のためにクルマを買っているワケではない!
自分の好きな色を選ぶことで、その分だけイイ思いもしているんだからね。

人生は1回。クルマの色くらい、思いっきり好きなものをチョイスしましょう!!!

サーバー復活後のテストです。

hon-in-pipeバンザイパイプライン ホンジョウ

わんばんこ~~!!久しぶりです。

この度は、サーバーの故障で大変ご迷惑をおかけしました。

何とか無事にアップできるカタチになりましたので、本日より、また書き込みをさせていただきます。

しかしながら・・・2月の分の記事&画像が丸々無くなってしまっ
ているようです。本当にいろいろスイマセン。

改めて、今後も番組共々、本ブログをよろしくお願いいたします。

silver何年か前に一度載せ写真ですが、僕の部屋の一角です。
上に乗っているフェザーの絵は自分で描いたもの。細かく見るとアラが見えるので小さめな写真にしました(笑)。
時間があればこうやって気ままに絵を描いたりもしたいんだけどね・・。
今は全然無理だけど、ジジイなったら・・好きな時に好きなことを“時間無制限”でやれるような、悠々自適な生活が送れるようになりたいものです・・。


全 1 ページ中 1ページ目です1