CA3A0994.jpg

アートガレージ510代表の後藤氏。
週末、一緒に作業させてもらいましたが、仕事の速さはまさに圧巻でした!!さすがです。

結局、フューエルタンクまで降ろすことになり…
ガソリン臭にまみれながら一緒に作業してくれた、○産ディーラーマンの緑川氏にも、スペシャルサンクスです!!

CA3A0991.jpg

クルマは現在、アートガレージ510さんにて、このような状態になっています。

古いペイントをサンディングし、サフェを塗る前の段階。

まさに、まな板の上の鯉です。

Z007.jpg

当然ですが…この作業は、全く楽しくありません…。
部活よりツラいっス(泣)。

Z006.jpg

トンネルの断熱材、と言っても、カーペットの下の分厚いフェルトではなく、そのさらに下の、樹脂のヤツ。これをまさかの『剥がし』です。

スクレイパーが写ってますが、場所によっては全く歯が立たないため、途中から『ノミ』に変更。

グラインダーでノミの刃全体を薄くして、切れすぎないように刃先をちょっとだけ丸めると…理想的な作業性!!
やっぱり、大工さんの道具は素晴らしいのです!

Z004.jpg

このあたりの作業は非常に楽しい部類。
ウェザーストリップを付けるワクの状態は…

完璧でした。

ちなみに、ここが腐ってると…一気にやる気失せます…。

Z003.jpg

記事をアップする時間がなく、日にちが空いてしまいましたが、もちろん作業は続行中です。

実は、クルマはすでに白河にあります!
そう、おなじみ
『ART GARAGE510』
さんにて、ペイント作業を執り行うためです。

鬼艶ペイントマン・後藤氏の手にかかるといかなる仕上がりになるのか…。
乞うご期待です!

なので、多少過去形にはなりますが、それまでに俺が手がけた作業&ペイント完成までに進める作業など、随時アップしていきます。

フロントガラス…当然、外します。

101113_2213~0001-0001.jpg

ZのZたる所以、ライト周りももちろん外します!

Z002.jpg

いわゆる『ワンテール』を外したらこんな感じになります。

Z001.jpg

久々に‘濃いめ’のクルマ記事をシリーズで掲載することにしました。以後よろしくお願いします!

S30Z…言わずと知れたジャパニーズ・スポーツカーです。
今回は、これを徹底的に仕上げます。

この写真の時点で、多少作業が進行していますが、元々は『普通に走れるが、ペイントが汚い』…そんな状態のクルマです。

『全ては‘ドンガラ’にするところから始まる。』
これは俺のキマリ事なので、とりあえず、やっちゃいます(笑)。

CA3A0969.jpg

最近、更新をサボっていてスイマセン。
久々にアップします。

クルマが好きな人で、タイヤとホイールに興味の無い人は少ない…。これは世の中の定説です。
そして、タイヤは太いほど『偉い』…。これもはるか昔からの定説であります。

その意味で言えば、写真のタイヤ、かなり『偉い』です。
サイズは205/65/10!!
仮に15インチなら、おそらく335くらいの感覚でしょうか。
しかも乗り物ではなく、なんと工具箱のタイヤ!
ホイールも実にディープでcoolです。

世の中には面白いものがあるもんですねぇ〜〜。


全 1 ページ中 1ページ目です1