CA3A1004.jpg

もちろん天張りもレスになるので…ルーフにも。
フロアより滑らかな肌で吹き付け。
このあたり、後藤氏の仕事は実に芸が細かいです。

天張り無しのクルマに乗ったことがある人なら、雨の時の悲惨さはよく分かるハズ(笑)。
これで『多少』良くなる予定です。

CA3A1003.jpg

リアデッキ、現在、下塗りが終わった状態です。

アートガレージさんで使っているこの塗料、よくあるアンダーコートとは触った感じが全然違います!フロアやドア内側に塗ることで防音・防震効果が高まるとのこと。
今回ような『内張りレス仕様』では、特に強い味方となりそうです。

CA3A1001.jpg

というわけで、ルーフ&ピラーの下地完了。

『このまま何もしないでいいんじゃない?』ってくらいキレイになりました(笑)。

CA3A0998-0001-0001-0001.jpg

久々のアップになります。
現在、写真にするとなかなか進展が分からないような状況ですが、作業は確実に進んでいます。

今回は『内装剥き出し仕様』にするため、下地の処理が大変です。
ルーフなども新しく張り替える方がよっぽど楽チン…。
とりあえず、キレイにしないとペイントできないので徹底的に拭き拭きします。

体力は全く問題ないんだけど、とにかくカラダが固いので大変…。
ルーフの低いクルマいじり、オヤジにはキツいっス。


全 1 ページ中 1ページ目です1